誰得RTA研究室
趣味について考えたことたまーに書く めんどくさいけど調べると面白そうっていうことも募集中です    代わりに調査しちゃうかもね( ・´ー・`)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DQ8剣チャート考察

先日DQ8RTA並走部第1回の活動がありましたがその際に目立つため(←ここ大事)に使用した剣チャートについて軽くまとめておきます

まず剣チャートとは主人公のスキルを剣に重点的にふるというチャートですけども従来だとそのメリットは

1,メタル狩りの滞在時間が長くなる
2,ドルマゲス前にベホマズンが入る
3,かっこいい

あたりじゃなかったかと思います

それに対してデメリットが

1,槍スキル(雷光一閃づき)がないので
  (1)メタル狩りのスピードが落ちる
  (2)はぐれ、メタキンを狩る際のダメージソースが減る
  (3)レティスがつらい
  (4)容易に錬金できるデーモンスピアを生かせない上にそれにならぶ武器がない
2,錬金できる吹雪の剣を生かせるボスが実質レオパルドからなのであんまり意味ない


てな感じでデメリットが大きすぎる
そもそもメリットに関してもトロデーンはぐれカットとかドルマゲスでベホマズンとか安定にしか貢献しない上に効果が薄いのでつらい

このあたりを考慮して作り上げた新案がこちら

「竜骨狩り先剣スキル振りチャート」

スキル振り案はだいたいこんな感じ

主 剣30→勇気56→剣52→勇気90→剣66
ヤ 格闘7→斧66→格闘42→人情22→斧82
ゼ 杖3→鞭23→杖31→鞭68
ク 杖65→カリスマ13→剣適当

・メリット2の先ベホマズンをカットしてはやぶさ斬りを取得
→そもそもベホマズン取得にはレベル29が必要でそこまで上げると主ザオラル、ククバイキルまであるしHPもあがってドルマゲスが割りと安定しちゃうのでそっち切って主人公にはやぶさ斬りを入れる
→はやぶさ斬りは回避の高いゼシカ、マルチェロあたりで使う気がする

・ゼシカ戦後に竜骨狩りで高台はぐれ分狩っちゃうことでレティスの安定度を上げた上にボス戦の殲滅を早くする
→しんくうはがドルマゲスから使えるので分身殲滅が楽
→キャプテンクロウにはヤンガスおたけび、ククール皮肉な笑いがあるのでもともとぱふぱふで動けなかったゼシカが高火力アタッカーとして機能する
→ぱふぱふを切ったスキルを使ってマジバリを取得できるのでトラボ、ドルマゲスが大安定
→レティスには主人公を回復役(消費MP2分の1)として大魔神、マヒャド、バギクロスで安定したダメージを与えられる
→ゲモンにはベホマズン、ベホマラーがあるので割りと安定

・トロデーンはぐれを減らせるので精神的に楽
→レベリング内訳は後述

レベリング案は
主24までは同じ
以降主経験値79000程度稼いではぐれ2匹+ボスで主人公が27になるように調整
はぐれは
初ターン 大魔神+メタル斬り+聖水2つ
2ターン目 聖水+メタル斬りor聖水+聖水2つ でほぼ撃破できるはず
初ターンメタル斬りで2引いたら2ターン目は聖水4つで確定撃破
2ターン連続で2を出せなくてもHP7引けば撃破可能
まあ大魔神で改心ひきゃいいんですよ

レベル27が入るとベルガラック、ゴルドでトヘロスが有効になるのでイベント進めて毒針とはやてを2つ回収
その後旧修道院で28まで稼ぎ

つづいて王家狩りでおおよそはぐれ2匹分狩って主人公29+αぐらい
正確にはゼシカのイオナズン調整ですがメモどっかいったのであとで探しておきます

んで竜骨狩りですがメタキンを2匹
主人公ははぐれだろうがメタキンだろうがぶっちゃけ役に立たないので攻撃一択
一応会心でやすくはなってるけどまあ使えない子

昔先に竜骨狩るのはどうでしょうみたいな議論があったときにメタキンを先に狩ると海賊までは部分トヘロスが有効になるのでそこを踏まえると期待値通りに狩れて高台ととんとんになるのではというエライ人からのお言葉があったので今回のチャートに踏みきれたわけですがやっぱ難しいですな

後竜骨狩りの際に一閃づきまでいれるという案を放送中にいただいたのでそっちも検討したいですな
箇条書きで見づらいかもしれないですがなんか意見があれば気軽におなしゃす

どうでもいいことですがちょこちょこ動くモグラ子分をライデインとイオラで一掃できるのは気持ちよかった
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。