誰得RTA研究室
趣味について考えたことたまーに書く めんどくさいけど調べると面白そうっていうことも募集中です    代わりに調査しちゃうかもね( ・´ー・`)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
連射スルーバグ

連射スルーバグとやらを見つけたのでいろいろと試してみたやーつですね

元ネタ ミャケさん http://i.z-z.jp/thbbs.cgi/winfree/4518/
応用ネタ nichiさん http://nichi322.blog52.fc2.com/blog-category-5.html

んでもって今回試したネタ

願いの丘入り口で連射スルーバグ使用してゴルド高台と同じエンカウントをする島へ直行
→成功
ドルマゲス前にライドンの塔に侵入して頂上にてフラグを立てられるか
→石の剣はなしでも入り口で連射スルーを使うことで侵入できる上に中のイベントは発生するが頂上に人はいない
闇の遺跡の別空間への転移は入り口判定の前に別の判定を設けていると予想しフィールド側の入り口で連射スルーをして反対側へ回りこむことで奥の判定へ侵入できるか試す
→失敗.入り口の前に別の判定があるのではなく入り口で飛ばす場所が変わっている模様
アルゴングレート戦前に魔法の鏡のあるフロアの階段で連射スルーを使用することで鏡を取れるか
→失敗.鏡のオブジェクトは存在するが入手できない.他の宝は入手可
オークニスが別マップ読み込みであることはフラグも独自であると予想しゼシカ戦前にオークニス地方へ連射スルーバグを用いて侵入してイベントを進めてみる
→雪崩イベントの後に主人公一人になる場面で誰も出現せずつんだうえに仲間なし

試した奴はどんどん追記予定
スポンサーサイト
DQ8剣チャート考察

先日DQ8RTA並走部第1回の活動がありましたがその際に目立つため(←ここ大事)に使用した剣チャートについて軽くまとめておきます

まず剣チャートとは主人公のスキルを剣に重点的にふるというチャートですけども従来だとそのメリットは

1,メタル狩りの滞在時間が長くなる
2,ドルマゲス前にベホマズンが入る
3,かっこいい

あたりじゃなかったかと思います

それに対してデメリットが

1,槍スキル(雷光一閃づき)がないので
  (1)メタル狩りのスピードが落ちる
  (2)はぐれ、メタキンを狩る際のダメージソースが減る
  (3)レティスがつらい
  (4)容易に錬金できるデーモンスピアを生かせない上にそれにならぶ武器がない
2,錬金できる吹雪の剣を生かせるボスが実質レオパルドからなのであんまり意味ない


てな感じでデメリットが大きすぎる
そもそもメリットに関してもトロデーンはぐれカットとかドルマゲスでベホマズンとか安定にしか貢献しない上に効果が薄いのでつらい

このあたりを考慮して作り上げた新案がこちら

「竜骨狩り先剣スキル振りチャート」

スキル振り案はだいたいこんな感じ

主 剣30→勇気56→剣52→勇気90→剣66
ヤ 格闘7→斧66→格闘42→人情22→斧82
ゼ 杖3→鞭23→杖31→鞭68
ク 杖65→カリスマ13→剣適当

・メリット2の先ベホマズンをカットしてはやぶさ斬りを取得
→そもそもベホマズン取得にはレベル29が必要でそこまで上げると主ザオラル、ククバイキルまであるしHPもあがってドルマゲスが割りと安定しちゃうのでそっち切って主人公にはやぶさ斬りを入れる
→はやぶさ斬りは回避の高いゼシカ、マルチェロあたりで使う気がする

・ゼシカ戦後に竜骨狩りで高台はぐれ分狩っちゃうことでレティスの安定度を上げた上にボス戦の殲滅を早くする
→しんくうはがドルマゲスから使えるので分身殲滅が楽
→キャプテンクロウにはヤンガスおたけび、ククール皮肉な笑いがあるのでもともとぱふぱふで動けなかったゼシカが高火力アタッカーとして機能する
→ぱふぱふを切ったスキルを使ってマジバリを取得できるのでトラボ、ドルマゲスが大安定
→レティスには主人公を回復役(消費MP2分の1)として大魔神、マヒャド、バギクロスで安定したダメージを与えられる
→ゲモンにはベホマズン、ベホマラーがあるので割りと安定

・トロデーンはぐれを減らせるので精神的に楽
→レベリング内訳は後述

レベリング案は
主24までは同じ
以降主経験値79000程度稼いではぐれ2匹+ボスで主人公が27になるように調整
はぐれは
初ターン 大魔神+メタル斬り+聖水2つ
2ターン目 聖水+メタル斬りor聖水+聖水2つ でほぼ撃破できるはず
初ターンメタル斬りで2引いたら2ターン目は聖水4つで確定撃破
2ターン連続で2を出せなくてもHP7引けば撃破可能
まあ大魔神で改心ひきゃいいんですよ

レベル27が入るとベルガラック、ゴルドでトヘロスが有効になるのでイベント進めて毒針とはやてを2つ回収
その後旧修道院で28まで稼ぎ

つづいて王家狩りでおおよそはぐれ2匹分狩って主人公29+αぐらい
正確にはゼシカのイオナズン調整ですがメモどっかいったのであとで探しておきます

んで竜骨狩りですがメタキンを2匹
主人公ははぐれだろうがメタキンだろうがぶっちゃけ役に立たないので攻撃一択
一応会心でやすくはなってるけどまあ使えない子

昔先に竜骨狩るのはどうでしょうみたいな議論があったときにメタキンを先に狩ると海賊までは部分トヘロスが有効になるのでそこを踏まえると期待値通りに狩れて高台ととんとんになるのではというエライ人からのお言葉があったので今回のチャートに踏みきれたわけですがやっぱ難しいですな

後竜骨狩りの際に一閃づきまでいれるという案を放送中にいただいたのでそっちも検討したいですな
箇条書きで見づらいかもしれないですがなんか意見があれば気軽におなしゃす

どうでもいいことですがちょこちょこ動くモグラ子分をライデインとイオラで一掃できるのは気持ちよかった
マダンテチャート考察

調子に乗ってるので連投

槍チャートが大分つめられてるっぽいのでマダンテチャートを考えていたわけですがなんか最近ニコ生でやってる人もいるし某マダンテの人も復帰するとか噂あるしもういいかなとか思い出している今日この頃

ワシの時代は終わったので老害は案だけ残して若手に託すか( ・´ー・`)
(そもそも時代が来ていない・・・)


まあやってみたかったのが
1、ククールのスキルふりの変更
2、それに伴う戦略の変更
3、ドルマゲスの低レベル化


1に関して
ククールはマダンテなら剣ふってジゴスパーク入れるのが目標だと思うんですがそれだとバイキルなしになってゼシカ戦がきつい
てことで自分が提案したいのが弓降りのさみだれうち狙いですね
直前で手に入るケイロンの弓がそこそこ強いので3人で一気にラッシュをかけて倒す作戦
スキルもたしか種1個降るだけでジゴスパークまでまかなえたはず
それでゼシカのザオリクが手に入らなくなりそうだけど高レベルかつ世界樹、ザオリクありなら必要はないかなーと


2に関して
マダンテチャートはマダンテ入るまでの火力がきつい
アルゴリザードも双竜ないと2ターン狩りが厳しくなるしドルマゲス2も特攻がしづらい
てことでやはり弓スキル
放送でも1回やりましたがエロスの弓あたりを錬金してってのが今の想像
その後の竜骨に備えてのドラシ買う資金源にもなるし1石2鳥ですね( ・´ー・`)


3に関して
できるだけはやく竜骨へ行きたい
すなわち凸レベルを下げればいい
どこまで下げるかというと理想ははぐれ2匹
ちょうど3匹でメタキン1匹分なわけで経験知的にも無駄がないって算数までしかちゃんとできない自分の計算で出ました( ・´ー・`;)
ここで弊害が出るのがトラップボックス24調整で主人公が26にならない、ヤンガスにしのびばしりが入らない、ベルガラック地方までしかトヘロスが効かない(レベル26)あたりですかね

トラップボックスうんたらに関してはメタル+1で問題なし
しのびばしりはスキルの種つみしかないわけですがこれはゴルドかゲルダの家付近かで悩みゲルダの家かなと今は思案中
ゴルドはトヘロスが効かないから部分トヘロス+しのびでいきたいってのがある・・・
そしてゲルダははがねむちいらないのでもうよらない!なら先にいっちまおう!代わりにゴルドアイテムはカットしよう!錬金距離も稼げるね!
トヘロスに関しても部分トヘロス+しのびとスカウトモンスターうまく使えばいけないかなあ

27まであげればこんなこと考える必要ないんだけどはぐれ1匹増える分無駄ができちゃうよなー


これ過去に考えた人いたのかなあ?ちょっと聞きに回りつつ昔のスレでもあさってみますか・・・


書いてる途中に気付いたけどスキルの種使っちゃうともしかしなくてもライデインはいらないか・・・
MP減はゼシカ祝福の杖あるからそこまで必要はないかとは思うけど
まあ今回は備忘録的な記事なので改善案はまたのちほど

コメントも募集中だよ☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。